バイオガスプラント事業

廃棄物をエネルギー資源に

バイオガスエネルギーとは、乳牛ふん尿・食品残さなどの有機物をエネルギー源(原料)とする、再生可能エネルギーです。
今日では、地球温暖化や循環型社会の構築に向け、新たな技術による活用が可能になり、
化石燃料に代わる新たなエネルギーとして注目(期待)されています。

私たちのバイオガスプラントは七飯町大沼周辺の酪農家から収集した搾乳牛のふん尿、
コープさっぽろの店舗等から集めた食品残さ及び粗製グリセリンを加え、
発酵槽でメタン発酵させてバイオガスを発生させています。

バイオガスプラントのはたらき

  • バイオマス

    • 家畜ふん尿
    • 生ごみ
  • メタン発酵

    嫌気状態(無酸素の状態)で原料となるバイオマスを温めると、微生物が有機物を分解し、メタン生成細菌によりバイオガスが発生します。

    • (CH4:60%、CO2:40%)
    • CH4:メタンガス、 CO2:炭酸ガス
    • メタンガス濃度95%以上に精製し、都市ガスと同成分にします。
  • エネルギー化

    発生したバイオガスは、発電機やボイラーなどの燃料として利用され、電気や温水を作り出します。廃棄物からエネルギーを取り出す事ができます。

バイオガスプラントの紹介

エネコープバイオガスプラント

七飯バイオガスプラントでは乳牛ふん尿、食品残さ、グリセリンを投入した実験を行い、また平成25年には発酵後の消化液を使ってダイコンを栽培しました。今後も地域に密着、貢献するバイオガスプラントを目指します。

バイオガスプラントの施設概要(PDF)

施設見学について

バイオガスプラントの施設を見学いただけます。ご希望の方は事前お申込みの上、お越しください。

  • 見学時間/【月曜日~土曜日】午前10:00~午後3:00(最終受付)
  • お申込方法/下記「ウェブからお申し込み」ボタンより必要情報を入力してお申し込みください。
  • お送り先/FAX.0138-84-8061(株式会社エネコープ七飯バイオガスプラント)