TOPICS

お知らせ

『株式会社エネコープ 新エネ大賞 新エネルギー財団会長賞 受賞』

 

エネコープは、一般財団法人新エネルギー財団主催の令和元年度新エネ大賞におきまして「新エネルギー財団会長賞」を受賞致しました。

コープさっぽろの目指す循環型社会の実現の取り組みの一環として、エネコープは2012年より酪農での家畜ふん尿、店舗や地域から出る食品残渣などの廃棄物をメタン発酵させ、バイオガスと肥料効果の高い液肥を作り出す小型バイオガスプラントを建設、運営してまいりました。

2017年から新たな取り組みとして、ガスエンジン発電機とパワーコンディショナー(PCS)を組み合わせて低圧連系に対応し、全国的にも珍しい50kW以下の低圧での売電を実現しました。

また、バイオガスプラントにおいても、家畜ふん尿と食品残渣の混合によるバイオガス増量(発電量増加)や消化液を地域に還元する取組みも行っています。 

食品残渣やふん尿処理の環境問題やエネルギー問題から、バイオガスプラントは今後ますます注目されることが予想され、低圧発電事業への取り組みや地域における資源循環サイクルの構築、地産地消の実現などが高く評価されたものです。