環境エネルギー事業

地域でつくるエネルギーが、
地域の未来をつくる。

未来を生み出す、クリーンで新しい
エネルギー事業にも取り組んでいます。

「北海道の循環型経済の推進」「北海道のエネルギー自給率の向上」という目標を掲げるエネコープでは、
自らが再生エネルギーを創出するために、太陽光によるメガソーラー発電所を帯広地区の2ヵ所に建設。
再生可能エネルギーを道内に普及させ、有効活用するためのノウハウを事業として展開しています。

北海道のエネルギー自給率を上げる。
メガソーラー事業

帯広市の2エリアで大規模ソーラー発電所が稼働中。CO2の排出も、発電時の騒音もないクリーンなエネルギーです。

メガソーラー事業について

廃棄物を資源に変える。
バイオガスプラント事業

七飯町大沼周辺の酪農家から収集した搾乳牛のふん尿、コープさっぽろの店舗等から集めた食品残さなどを、バイオガスとしてエネルギー化しています。

バイオガスプラント事業について